住友鉱:「金の個人向け販売」撤退、純金積立は田中貴金属に

住友金属鉱山は27日、個人向けの金 の販売事業から撤退すると発表した。電話注文による金地金販売は9月 末で終了し、純金積立事業は11月1日付で田中貴金属工業に事業移管す る。金の個人向け事業は黒字だが、単独で事業をさらに伸ばしていくに は難しいと判断。事業の選択と集中を進める狙いという。

住友鉱の純金積立事業の売上高は2013年3月期で44億円。事業売却 額は2億2500万円。住友鉱の純金積立の規模は国内では田中貴金属、三 菱マテリアルに次いで3位。田中貴金属では今回の事業承継で純金積立 の口座数が2万件拡大すると説明している。

住友鉱は国内で唯一商業生産している鉱山、鹿児島県の菱刈金鉱山 から金鉱石を採掘するなどして金地金を製錬している。製錬した金地金 の大部分は電子部品など工業用向けに使用される。個人向け業務からの 撤退による金地金生産への影響はない。事業移管が業績に与える影響も 軽微としている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE