天然ガス買い越し、06年以降で最高-寒波で暖房費が上昇

ヘッジファンドによる天然ガス相場 上昇を見込む買い越しは少なくとも2006年以降で最高となった。寒波で 暖房費が3年ぶりの高値に上昇した。

米商品先物取引委員会(CFTC)の週間建玉報告によると、ファ ンドなど大口投機家のガスの買い越しは21日終了週に21%増えた。 CFTCは06年に統計を開始した。

天然ガス相場は先週、10年6月以来初めて100万BTU(英国熱量 単位)当たり5ドルを超えた。2月初旬まで北極圏並みの天候が続くと の予報を反映した。コモディティ・ウェザー・グループによると、アラ スカ州を除く米本土48州では1月としては1994年以降で最も寒冷な天候 となっている。昨年10月31日から1月17日までのガスの在庫からの取り 崩し量はこの時期としては過去最高。

バークレイズの世界天然ガス・LNG調査担当責任者ビリアナ・ペ リバノバ氏(ニューヨーク在勤)は「1月いっぱいは極端に寒冷な天候 が続くとの予報にトレーダーが反応している。この天候が続くならば価 格は一段と高くなるだろう」と述べた。

同報告対象期間中のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の天然 ガス相場は6.2セント(1.4%)上昇し4.431ドル。24日には9.6%上昇 し5.182ドルで引けた。これは10年6月15日以来の高値。先週は20%上 昇し、10年10月29日終了週以来の伸びとなった。昨年10月31日以降の上 昇率は45%。

原題:Hedge Funds Most Bullish on Gas Since 2006 After Freeze: Energy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE