米オバマ政権が行政権限行使を示唆-議会共和党の批判を誘発

オバマ米大統領は今週の一般教書演 説で打ち出す公約を遂行するために行政権限を行使する考えだ。議会共 和党からは既に批判の声が上がっている。

ホワイトハウスのカーニー報道官は26日のABC放送の番組で「大 統領は今年を行動の年と位置付け、可能な分野では議会と協力し、中間 所得者層を目指す国民を支えるため必要な場合には議会の了解なしで行 動する」と言明した。

移民法改正や最低賃金の引き上げなどの優先課題で昨年、議会の支 持を取り付けられなかったことから、政権側は26日の討論番組を利用 し、大統領の行政権限という戦略を示唆した。ダン・ファイファー大統 領上級顧問はCNNの番組で、「われわれは国民に対し、協力の有無を 問わず何かを成し遂げられることを示す必要がある」と語った。

オバマ大統領が1月28日に一般教書演説で政策課題を説明する前の こうした姿勢は、共和党の反感を買う危険を冒している。小さな政府を 目指すティーパーティー(茶会党)から支持を受けているランド・ポー ル上院議員(共和、ケンタッキー州)はCNNの番組のインタビュー で、「漠然とした脅しのように聞こえるし、一定の傲慢(ごうまん)さ もある」と指摘。議会のこう着へのオバマ大統領の不満は履き違えだと 述べた。

共和党のマコネル上院院内総務(ケンタッキー州)はフォックスの ニュース番組で、議会を迂回(うかい)して立法作業を前進させられる とオバマ大統領が考えるのは誤りだと批判。「レーガン元大統領も、ク リントン元大統領もそのようには考えなかった」と付け加えた。

原題:Obama’s Plan to Bypass Congress Triggers Lawmaker Criticism (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE