【海外アラカルト】大統領の同居生活は終わった、ノロ感染か

フランスのオランド大統領は25日、パートナーで事実上のファース トレディーであるバレリー・トリルベレールさんとの「同居生活」が終 わったとの声明をAFP通信を通じて発表した。2週間前、同国誌クロ ーザーが大統領と同国女優のジュリー・ガイエさんとの密会を報道。そ の後、トリルベレールさんは8日間にわたって入院した。AFP通信が 関係者の情報を引用して伝えたところでは、大統領とトリルベレールさ んの関係は良好だという。政治家らは大統領の私生活をめぐる議論はこ れで終わり、経済問題に再び関心が集まるものとみている。(27 日)Hollande’s Announcement of Split to Shift Focus Back to Economy

米ロイヤル・カリビアン・クルーズは、カリブ海で運行するクルー ズ船で数百人の乗客と乗組員が病気になったため、同船が予定より2日 早く米国に戻ると発表した。米疾病対策センター(CDC)の担当者は 状況を判断するため、26日にバージン諸島でクルーズ船「エクスプロー ラー・オブ・ザ・シーズ」に乗船した。CDCの先週のウェブサイトで の報告によると、3050人の乗客のうち281人が下痢など胃腸の疾患にか かっており、乗組員1165人のうち22人も体調を崩した。ロイヤル・カリ ビアンは発表資料で、「医師の話によると、患者の症状はノロウイルス の兆候と一致しているが、その診断を確認するため検査の結果を待って いるところだ」と指摘した。(26日)Royal Caribbean Ship to Return 2 Days Early for Sick Passengers

冬季五輪が開かれるロシアのソチに近い同国南部でイスラム教過激 派による自爆テロ攻撃が増えており、政府による過激派掃討によって一 般市民の死傷者が増加している。カフカス情勢を監視するNGO(非政 府団体)、「コーカサスの結び目」によると、2013年にロシア南部で発 生した過激派による攻撃と死者は12年より減ったものの、自爆テロの発 生件数は増加した。ソチ冬季五輪の開幕を来週に控え、政府は取り締ま りを強めている。昨年4月に起きた米ボストンマラソン爆弾テロ事件の 容疑者の兄弟は北カフカスのチェチェン出身で、イスラム教過激派との 関与が指摘された。(27日)Russia Suicide Bombings Rise in Region Near Sochi, Report Shows

サッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナ イテッドは25日、チェルシー所属のスペイン代表MFフアン・マタ選手 (25)と契約したことをウェブサイトで正式発表した。マンUは今シー ズンの成績が低迷しており、チーム再建を目指してマタを獲得した。移 籍金はクラブ史上最高の3710万ポンド(約62億6000万円)。国内リーグ で20回の優勝を誇るマンUを率いるモイズ監督は発表文で、「マンUの 一員となることにマタが興奮している様子を見て感銘を受けている」と した上で、「われわれのファンはマタを称賛している。マンUの赤いユ ニフォーム姿のマタを見てファンは喜ぶだろう」と指摘した。(26 日)Manchester Utd. Signs Mata From Chelsea in Bid to Revive Season

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE