中国企業:米IPO離れか、香港目指す公算-グローバルX

世界の4大会計事務所の中国関連会 社が米上場企業の監査を主導することが6カ月間禁止されたことを受 け、中国企業の米国での新規株式公開(IPO)に悪影響が及びそう だ。

米証券取引委員会(SEC)の行政審判官は先に、証券詐欺をめぐ る調査で文書提出がなかったことを理由に6カ月間の禁止措置を決定。 会計事務所側は不服を申し立てると表明しているが、グローバルXファ ンズのブルーノ・デルアマ最高経営責任者(CEO)は、恐らくこの決 定により中国企業は米国ではなく香港での上場を選択するようになるだ ろうと述べた。

上場投資信託(ETF)28億ドル(約2900億円)相当の運用に携わ る同CEOはブルームバーグのニューヨーク本社で24日にインタビュー に応じ、「こうした認識上の問題で米国でのIPOの魅力の一部が損な われるだろう。5年前、ハイテク企業はナスダックでのIPOを目指し ていた。それがハイテク企業にとっての世界的な証券取引所だからだ。 だが突然、会計問題が浮上し始めた」と話した。

原題:Audit Ban Means Hong Kong Luring New York IPOs: China Overnight(抜粋)

--取材協力:Leslie Picker. Editors: Marie-France Han, Ben Scent

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE