UBSやドイツ銀首脳にバンカー報酬抑制を訴え-英中銀総裁

イングランド銀行(英中央銀行)の カーニー総裁は、スイス最大の銀行UBSのアクセル・ウェーバー会長 やドイツ銀行のアンシュー・ジェイン共同最高経営責任者(CEO)な ど主要銀行の首脳とスイスのダボスで非公式に会談し、バンカーの報酬 を抑制するよう強く求めた。事情に詳しい複数の関係者が明らかにし た。

私的な会合であることを理由に関係者が匿名を条件に語ったところ では、カーニー総裁は銀行首脳に対し、これまでは金融の安定という観 点からボーナス規制に反対し、銀行業界を擁護してきた点にあらためて 言及した。同総裁は15日に英国の議員に対し、欧州連合(EU)のボー ナス規制が報酬を抑制する正しい手段ではないとした英議会の委員会に よる結論に同意すると発言していた。

関係者の1人によれば、ドイツ銀のジェイン共同CEOとオール ド・ミューチュアルのジュリアン・ロバーツCEOが会合を主宰した。 複数の関係者によると、スタンダードチャータードのピーター・サンズ CEOと、HSBCホールディングスのダグラス・フリント会長も会合 に出席した。

カーニー総裁は世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で行っ た24日の講演で、「バンカーの立派な行動だけが、グローバル金融資本 主義が社会的な承認を得る道であることを銀行は認識する必要がある」 と発言した。

原題:Carney Said to Urge Pay Restraint on Bankers in Private Talks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE