プエルトリコ当局者:来月起債も-S&Pが格付け見通し下げ

厳しい財政状況が続く米自治領プエ ルトリコが2月に自治体債を発行する可能性があると、当局者が24日明 らかにした。債券発行なら昨年8月以来となる。

プエルトリコ政府開発銀行のデービッド・チェイフィー会長は24日 の米経済専門局CNBCとのインタビューで、プエルトリコは6月まで 十分な現金を確保しているとした上で、2月に債券を発行する可能性が あると発言した。

プエルトリコ債相場は今月上昇したが、利回りは投資不適格級の水 準にある。チェイフィー氏はプエルトリコが支払うことができる発行利 回りの目安についてコメントを控えたものの、同利回りは買い手を引き 付ける可能性があると述べた。

米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは昨年12 月11日、プエルトリコが資本市場で資金調達できなければ90日以内に投 資不適格級に格下げすると警告した。プエルトリコ政府・機関はこれま で債券を700億ドル相当発行している。同債券は全米で利子所得が免税 されるため、モーニングスターのデータによれば米地方債投資信託の 約70%が同債を保有している。

チェイフィー氏の24日の発言の後、米格付け会社スタンダード・ア ンド・プアーズ(S&P)はプエルトリコと政府開発銀行の格付け見通 しを「ネガティブ(弱含み)」に引き下げた。

S&Pのアナリスト、デービッド・ヒッチコック氏はリポートで、 「われわれの見解では、政府開発銀行ないしプエルトリコが債券市場で 資金調達しなければ6月30日の年度末までに政府開発銀の流動性は乏し くなるはずだ」と述べた。

原題:Puerto Rico Preparing Debt Sale in Next Month, Officials Say (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE