アルゼンチン:小売店が冷蔵庫やワインなど相次ぎ値上げ-ペソ急落で

アルゼンチンの通貨ペソが20日から の週に対ドルで15%下落したのを受け、同国の小売業者が相次ぎ商品を 値上げしている。ペソ急落で輸入コストが上昇するためで、インフレ加 速懸念に拍車を掛けている。

首都ブエノスアイレスの商業地区にあるファラベラでは、米ワール プール社の冷蔵庫「80X1」が2万7499ペソ(約35万円)と、1月22日の 2万1199ペソから値上げされた。2ブロック先のワイン小売店ではマル ベック1本が226ペソと、2日前より26%高い。

ファラベラで家電製品を販売するアンドレ・ビエラ氏はインタビュ ーで「冷蔵庫はアルゼンチンで組み立てられているが、部品は全て輸入 品だ」と述べ、「22日に来店した女性は25日に買いに来るといって帰っ たが、自滅的だ」と語った。

アルゼンチン政府はペソ急落の中で、貯蓄用のドル購入に関する規 制を緩和すると発表。フェルナンデス大統領は投資家を呼び戻し、国際 資本市場への復帰を目指しており、景気のてこ入れやインフレ抑制を図 る考えだ。

調査会社エコラティーナの首席エコノミスト、ロレンソ・シガウト 氏は、ペソ急落後にコスト上昇や一段の通貨安が見込まれるため、値上 げが相次ぐと予想する。エコラティーナの予想では、今年のインフレ率 は30%以上に達する見通し。政府によると、昨年のインフレ率は10.9% だった。

原題:Argentine Stores Mark Up Fridges to Wine After Peso Devaluation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE