米新築一戸建て住宅販売:12月は7%減の年率41万戸

12月の米新築住宅販売は市場予想を 下回った。年間ベースの販売件数は2008年以来の最高だった。

米商務省が発表した12月の新築一戸建て住宅販売(季節調整済み、 年率換算)は前月比7%減の41万4000戸。ブルームバーグ・ニュースが まとめたエコノミスト予想の中央値は45万5000戸だった。

2013年全体では前年比16.4%増の42万8000戸と、過去5年で最多だ った。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)の米国担当シニアエコノミス ト、マイケル・ハンソン氏は「パニックにはならないが、確かに明るい 内容ではない」と述べた上で、「住宅市場の回復が終わりに差し掛かっ ているとはまったく考えていない」と続けた。

新築住宅販売価格の中央値は前年比4.6%上昇し27万200ドル。

地域別では全米4地域のうち3地域で販売が減少。北東部で36.4% 減と大きく落ち込んだ。また市場が最も大きい南部と西部も減少。中西 部は17.6%増加した。

新築住宅の在庫は12月末時点で17万1000戸と、前月の17万6000戸か ら減少した。販売に対する在庫比率は5カ月と、9月以降で最高。前月 い。

原題:Sales of New U.S. Homes Fell More Than Forecast in December (2)(抜粋)

--取材協力:Ainhoa Goyeneche. Editor: 千葉 茂

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE