欧州債:ドイツ10年債利回り、5カ月ぶり低水準-新興国懸念で

24日の欧州債市場では、ドイツ国債 の10年物と30年物の利回りが昨年8月以来の低水準まで下がった。新興 国市場の成長減速懸念から、域内で最も安全とされる同国債の需要が高 まった。

ドイツ10年債は週間ベースでは4週続伸と、4月以降で最長の値上 がり局面となった。一方でこの日は、ギリシャとスロベニア国債が下 落。新興国市場の減速兆候で世界的に株安となったことが背景。高利回 り資産を求める動きが後退し、スペインとイタリアの10年債は4日続落 した。

コメルツ銀行の金利ストラテジスト、ライナー・ギュンターマン氏 (フランクフルト在勤)は「リスク回避に流れが動きつつあるようなた め、ドイツ国債が上げている」とし、「新興国から幾つかの悪いニュー スが出ているほか、投資家らは米緩和縮小が及ぼす影響について考えて いる」と語った。

ロンドン時間午後5時現在、ドイツ10年債利回りは前日比5ベーシ スポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.66%。一時は1.64%まで 下げ、昨年8月5日以来の低水準となった。今週は10bp下げた。同国 債(表面利率2%、2023年8月償還)価格はこの日、0.45上げ102.99。

30年債利回りは一時6bp下げ2.55%と、昨年8月13日以降の最低 を付けた。2年債利回りは11月22日以来の低水準となる0.11%に低下し た。

英国債相場も上昇し、10年債利回りは4bp低下の2.77%となっ た。一時は2.73%と、昨年11月27日以来の低水準を付けた。同国債(表 面利率2.25%、2023年9月償還)価格は0.3上げ95.661。

原題:German Yields Reach 5-Month Low on Haven Bid as Greek Bonds Drop(抜粋) Pound Drops as Carney Says Currency’s Advance May Hamper Exports (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE