中国銀監会:石炭業界向けローンで警告、精査強化指示-関係者

中国銀行業監督管理委員会(銀監 会)は地域の支部に対し、石炭業界の信用リスクの精査強化を指示し た。事情に詳しい関係者2人が明らかにしたもので、政府がデフォルト (債務不履行)の可能性を懸念していることが示唆された。

関係者が匿名を条件に語ったところによれば、銀監会は中国工商銀 行が販売した信託商品30億元(約512億円)相当のデフォルトの可能性 には言及していない。この信託商品は炭鉱会社の資金調達を目的に組成 されたものだが、この会社は経営破たんしている。銀監会の支部は信託 商品やウェルスマネジメント商品のリスクについても注意深く監視する よう指示された。

関係者によれば、銀監会がこうした警告を出すのは銀行に著しいリ スクを突き付けると判断した場合であり、定期的には行わない。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)やドイツ銀行などのアナリスト らはここ1週間、シャドーバンキング(影の銀行)の規制策や景気減速 を背景に中国でデフォルトが発生する可能性が高まっていると指摘して いた。工商銀が販売した信託商品を購入した投資家は23日、上海で同行 幹部に会い、1月31日の満期を前に資金の返還を求めた。

元富証券のアナリスト、袁曉雨氏(上海在勤)は24日の電話取材に 対し、工商銀の販売した信託商品のデフォルト懸念の広がりを受けて市 場には石炭業界に対して「かなりの不安感」があると説明。「石炭は中 国経済の大黒柱の産業であり、この業界への銀行のエクスポージャーは 相当な規模のはずだ」と付け加えた。

原題:China Bank Regulator Said to Issue Alert on Coal Mine Loans (1)(抜粋)

--Steven Yang、Zhang Dingmin, 取材協力:Aipeng Soo. Editors: John Liu, Chitra Somayaji

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE