米マイクロソフト10-12月:売上高は過去最高-予想上回る

米マイクロソフトの昨年10-12月 (第2四半期)の売上高と利益はアナリストの予想を上回った。同社は ゲーム機「Xbox」やクラウド・ソフトウエアの販売への依存を高め ている。

23日の発表資料によると、売上高は14%増加し、過去最高の245億 ドル(約2兆5400億円)となった。ブルームバーグがまとめたアナリス トの予想平均は237億ドルだった。発表を受け、同社の株価は時間外取 引で上昇している。

マイクロソフトは次期最高経営責任者(CEO)の選定作業や組織 再編、ノキアから買収する携帯電話事業の統合の準備を進めるなどこ の10年余りで最大の転換期にある。同社は昨年10-12月期に新型ゲーム 機「XboxOne(エックスボックス・ワン)」を発売。パソコン (PC)販売の落ち込みで従来型ソフトの低迷が続いたものの、「Az ure(アジュール)」や「Office(オフィス)365」などのウ ェブベースのソフト販売を強化した。

フォート・ピット・キャピタル・グループのアナリスト、キム・フ ォレスト氏は「非常に良い数字だ」と述べ、「エンタープライズ事業の 売り上げがかなり好調なようだ。Xboxは成功し、PCメーカー向け のウィンドウズ販売はいつもより悪くなかった」と指摘した。

決算発表を受け、マイクロソフトの株価は23日の時間外取引で一 時5.5%上昇。通常取引終値は前日比0.4%高の36.06ドル。

クラウドと機器

10-12月期の純利益は65億6000万ドル(1株当たり78セント)と、 前年同期の63億8000万ドル(同76セント)から2.8%増加。アナリスト の予想平均は1株当たり69セントだった。

複数年契約からの売り上げとして将来認識される前受け収入は195 億ドル。ブルームバーグが集計したアナリスト予想平均は205億ドルだ った。

エイミー・フード最高財務責任者(CFO)によると、アジュール やオフィス365のようなコマーシャル・クラウドプログラムの販売は前 年同期の2倍強に拡大。タブレット「サーフェス」の販売台数は7-9 月(第1四半期)に比べて倍増した。

同CFOはインタビューで「コマーシャル部門と機器およびコンシ ューマー分野はいずれも予想を上回った。改善する必要があった部分で も改善が見られた」と述べ、サーフェスやタブレットを例に挙げた。 PC市場は安定しつつあるとの認識も示し、法人向け出荷は3四半期連 続で増加し、消費者向けPCもマイクロソフトの予想を上回っていると 指摘。ただ、顧客は他の機器を選択しているため、需要は依然として低 調だと付け加えた。

CEO交代についてはコメントを控え、23日のアナリストとの電話 会議でも最新情報は提供しないと語った。

ハードウエア販売

Xboxやサーフェスなど含む機器と消費者向けハードウエア部門 の10-12月期売上高は68%増の47億3000万ドルで、ブルームバーグが集 計したアナリスト予想平均(40億5000万ドル)を上回った。Xboxの 小売業者への販売台数は740万台で、そのうちXboxOneは390万台 だった。

アジュールやオフィス365を手掛けるクラウド関連部門の売上高 は17億8000万ドルで、アナリスト予想平均は18億1000万ドルだった。

基本ソフト「ウィンドウズ」や「ウィンドウズフォン」などのデバ イスとコンシューマー・ライセンシングの収入は5.6%減の53億8000万 ドルで、アナリスト予想平均は52億8000万ドルだった。一方、サーバー 用ソフトや法人向けのウィンドウズやオフィスなどのコマーシャル・ラ イセンシング収入は109億ドルに増加し、アナリスト予想の108億ドルを 上回った。

原題:Microsoft Posts Record Sales as Ballmer Gets Ready to Exit (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE