1月23日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ユーロが対ドルで4週ぶりの大幅高、経済統計に反応

23日のニューヨーク外国為替市場ではユーロが対ドルでほぼ4週ぶ りの大幅高。ユーロ圏の製造業活動が大きく拡大したことを受けて、市 場は欧州の成長ペースが加速しているとの楽観を強めた。

アルゼンチン・ペソは売りを浴び、12年ぶりの大幅安。中南米諸国 の通貨の中でも下げがきつかった。外貨準備の減少を阻止するアルゼン チン政府の取り組みが影響した。ドルは反落。シカゴ連銀の全米活動指 数は市場予想を下回った。

ウエストパック銀行の北半球通貨担当チーフストラテジスト、リチ ャード・フラヌロビッチ氏(ニューヨーク在勤)は、「予想以上に良好 だったユーロ圏の製造業購買担当者指数(PMI)がユーロ上昇の最初 のきっかけだった」と述べ、「新興市場通貨が大きく下落した。市場で はリスク回避志向が見られた」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで1.1%上昇して 1ユーロ=1.3696ドル。日中ベースでは昨年12月27日以来で最大の上げ だった。ユーロは対円で0.1%下げて1ユーロ=141円44銭。円は対ドル で1.2%上昇して1ドル=103円26銭。

ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.5%下げて1030.28。前日 まで5月以来の最長連続高だった。

アルゼンチン・ペソの下落

アルゼンチンのカピタニッチ官房長官は22日、記者団に対して、中 央銀行はペソの下落に介入していないと述べており、市場の相場変動を 容認している。

ペソは一時18%安と、政府がペソのドルとのペッグ(連動)制を廃 止した2002年以来の大幅な下落率となった。

英マークイット・エコノミクスが発表した1月のユーロ圏製造業景 気指数(速報値)は53.9と、2011年5月以来の高水準だった。サービス 業景気指数は51.9で、昨年12月の51.0を上回った。ブルームバーグがま とめたエコノミスト予想の中央値では51.4が見込まれていた。

欧州相場の見方

ブルームバーグと契約する投資家やアナリスト、トレーダーを対象 に先週実施した同調査によると、57%は欧州の債務危機の最悪期が過ぎ たと回答した。

ラボバンク・インターナショナルのシニア為替ストラテジスト、ジ ェーン・フォーリー氏(ロンドン在勤)は「製造業やサービス業の統計 からはユーロ圏の景気回復が勢いを増していることが示唆された」と述 べ、「ユーロの見通しは明るい。抵抗線の節目となる1ユーロ=1.3550 ドルを上回ったことも支援材料だった」と続けた。

ブルームバーグ・ドル・スポット指数は、シカゴ連銀の全米活動指 数に反応して下げた。同指数は12月に0.16と、ブルームバーグがまとめ た予想(0.9)を下回った。

米労働省が発表した先週の新規失業保険申請件数(季節調整済み) は32万6000件と、前週の32万5000件(速報値32万6000件)から1000件増 加した。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央 値は33万件だった。

先進10カ国の通貨で構成されるブルームバーグ相関加重通貨指数に よると、ドルは過去1年間で3.5%高。ユーロは6.2%上昇、円は11%下 げた。

原題:Euro Rises Most in 4 Weeks on Factory Data; Argentine Peso Falls(抜粋)

◎米国株:下落、ダウ平均は1カ月ぶり安値-中国の製造業活動縮小で

米株式相場は下落。ダウ工業株30種平均は1カ月ぶり安値を付け た。中国の製造業購買担当者指数(PMI)が製造業活動の縮小を示し たことが売りを誘った。米企業決算にも注目が集まった。

欧州資源株の下げにつれ、クリフス・ナチュラル・リソーシズが下 落。JPモルガン・チェースやアメリカン・エキスプレスなど金融株も 安い。最高経営責任者(CEO)の交代を発表したアメリカン・イーグ ル・アウトフィッターズも下落。一方、ネットフリックスは大幅高。ア ナリスト予想を上回る利用者数の増加見通しが好感された。

S&P500種株価指数は前日比0.9%安の1828.46で終了。ダウ工業 株30種平均は175.99ドル(1.1%)安の16197.35ドルで終えた。

ジャニー・モンゴメリー・スコットのチーフ投資ストラテジスト、 マーク・ルッシニ氏は電話インタビューで、「米国株は高いバリュエー ションと非常に明るいセンチメントの両方で成り立っていた。その組み 合わせ故に悪いニュースには弱くなっている」と指摘。「朝方、中国の 指標で市場はやや神経質になり、米経済指標はその懸念を和らげるには 至らなかった」と語った。

S&P500種は年初から1.1%、ダウ平均は2.3%それぞれ下げてい る。S&P500種は昨年、30%上昇し過去最高値を更新した。米金融当 局による3弾にわたる金融緩和を背景に、S&P500種は2009年に付け た安値から170%余り上昇した。

その結果、バリュエーションは09年来の高水準付近に押し上げられ た。ブルームバーグがまとめたデータによると、S&P500種指数の株 価収益率(PER、予想ベース)は15.5倍と、過去5年間の平均値14.1 倍を上回っている。

経済指標

先週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は6週間ぶりの低水 準付近にとどまった。連邦住宅金融局(FHFA)が発表した昨年11月 の住宅価格指数(季節調節済み)は前月比0.1%上昇に伸びが鈍化し、 不動産市場の回復が勢いを失いつつある可能性を示唆している。

昨年12月の米中古住宅販売は5カ月ぶりに増加。景気先行指標総合 指数(LEI)は上昇した。

英HSBCホールディングスとマークイット・エコノミクスが23日 発表した1月の中国製造業の指数は同活動の縮小を示した。

ミューチュアル・ファンド・ストアのクリス・ボウファード最高投 資責任者(CIO)は電話インタビューで、「中国は過去10-15年間の 大半において成長を遂げてきたが、突如として縮小が見え始めている。 市場参加者がそれを消化するまでにしばらくかかるだろう」と話した。

ブルームバーグの実施したアナリスト調査によると、S&P500種 構成銘柄の第4四半期の1株利益は6%増、売上高は2.2%増が見込ま れている。

金融株や素材株が下落

S&P500種のセクター別では全10業種のうち9業種が下落した。 金融株は1.7%安。JPモルガンは1.9%、シティグループは2.3%それ ぞれ下げた。アメリカン・エキスプレスは2.2%安と、ダウ平均の構成 銘柄の中で下げが最もきつい。

欧州で資源株が下げた流れを引き継ぎ、素材株指数は1.5%下落し た。中国のPMIを嫌気し、工業用金属が下落した。

原題:U.S. Stocks Decline on China Manufacturing Amid Earnings Reports(抜粋)

◎米国債:10年債大幅高、利回りは債券購入の縮小決定時の水準下回る

米国債相場は約2週間ぶりの大幅高。10年債利回りは、昨年12月に 連邦公開市場委員会(FOMC)が債券購入の縮小を決めた時の水準を さらに下回った。経済指標では景気回復が一本調子ではないことが示さ れた。

経済成長の鈍化や社会的緊張を背景に、この日は新興国通貨が大き く売られた。そうした状況を手掛かりに安全への需要が高まり、米10年 債利回りは7週ぶり低水準を付けた。先週の米失業保険申請統計では、 失業保険の継続受給者数が市場の予想以上に増加。また1月の製造業活 動を示す指数は市場の予想外に低下した。FOMCは先月18日、経済成 長が改善の兆しを見せる中で毎月の債券購入額を850億ドルから750億ド ルに縮小すると発表。この日の10年債利回りは先月18日に付けた水準か ら一段と下げた。

TDセキュリティーズの金利ストラテジスト、リチャード・ギルフ ーリー氏は「FOMCが次の会合で市場をひどく驚かせるような決定を する可能性は低い。ただ低調な経済指標や新興市場での混乱は、 FOMCに小休止の理由を与えるかもしれない」と分析。「過去には好 調な経済指標もあったが、今では見通しにやや変化が起きつつある」と 続けた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、10年債利回りはニ ューヨーク時間午後5時7分現在、前日比9ベーシスポイント(bp、 1bp=0.01%)低下の2.77%。同年債(表面利率2.75%、2023年11月 償還)価格は3/4上昇し99 3/4。利回りは12月3日以来の低水準を付 け、同月18日の2.89%を下回った。

新興市場

ブルームバーグがまとめた新興市場の20通貨の動きを示す指数 は90.12に低下し、終値ベースでは2009年4月以来の低水準となった。 アルゼンチン・ペソは12年ぶりの大幅安。トルコ・リラは過去最安値を 付けた。

RBSセキュリティーズ(コネティカット州スタンフォード)の米 国債戦略責任者、ウィリアム・オドネル氏は顧客向けリポートで、「押 し目買いを勧める」とし、経済指標は「10-12月期と比べて勢いが弱ま るだろう」と予想した。

同氏はまた、テクニカル分析を引用し、モメンタムは強気だと述べ た。10年債利回りは終値ベースで2.815%を下回れば、さらに低下する との見方を示した。

1月の動き

米国債の今月に入ってからの上昇は、昨年9月以降で最大。 FOMCが12月に債券購入の縮小を決定したものの、相場は上昇してい る。ブルームバーグ米国債指数によると、米国債の月初来リターンはプ ラス0.8%。前月はマイナス1.1%だった。

FOMCは昨年12月の前回会合で、毎月の債券購入額を100億ドル 縮小することを決定した。ブルームバーグ・ニュースが10日実施したエ コノミスト調査の中央値では、FOMCは向こう6回の会合で100億ド ルずつ縮小し、12月までにプログラムを終了させると見込まれている。

財務省が実施した10年物インフレ連動債(TIPS)の入札(発行 額150億ドル)では、最高落札利回りが11年5月以来の高水準となっ た。同省はまた、来週実施する期間2年の変動利付債の入札について、 発行額は150億ドルと発表した。新たな形式の国債発行は17年ぶりとな る。

原題:Treasury Yields Below Fed Taper Level on Tepid Economic Reports(抜粋)

◎NY金:反発、終値9週間ぶり高値-ドル下落で代替需要の買い

ニューヨーク金先物相場は反発。終値では9週間ぶりの高値となっ た。ドルの下落を背景に、代替投資の金買いが膨らんだ。

RJオブライエン・アンド・アソシエーツ(シカゴ)のシニア商品 ブローカー、フィル・ストライブル氏は電話インタビューで、「きょう はドルの下落が金の支えになっている」と指摘。「アジアでの現物需要 は引き続き底堅い」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物4 月限は前日比1.9%高の1オンス=1262.50ドルで終了。終値では昨年11 月19日以来の高値となった。

原題:Gold Futures Jump to Highest in Nine Weeks as Dollar Snaps Rally(抜粋)

◎NY原油:上昇、3週ぶり高値-留出油在庫の大幅減で

ニューヨーク原油相場は3週間ぶり高値に上昇。寒波の影響で暖房 用の需要が高まる中、政府の在庫統計で留出油在庫の大幅減が示され た。米エネルギー情報局(EIA)の発表によると、先週のヒーティン グオイル(暖房油)とディーゼル油を含む留出油在庫は321万バレル減 少した。

マニュライフ・アセット・マネジメント(ボストン)で石油・天然 ガス関連の債券ポートフォリオを運用するマネジングディレクター、ア ダム・ワイズ氏は「寒波に伴う需要増とパイプライン『キーストーン XL』の南伸部分の操業開始が相まって、相場を押し上げている」と分 析。「原油在庫は8週間ぶりに増加したが、市場参加者は短期的には暖 房用燃料に注目している」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物3月限は前日 比59セント(0.6%)高の1バレル=97.32ドルで終了。終値としては12 月31日以来の高値となった。

原題:Crude Rises to Three-Week High as U.S. Distillate Supplies Drop(抜粋)

◎欧州株:6年ぶり高値から反落-中国製造業の活動縮小を懸念

23日の欧州株式相場は下落し、指標のストックス欧州600指数が前 日付けた6年ぶり高値から反落した。メディア関連銘柄とテクノロジー 株の下げが目立った。この日発表された1月の中国製造業の指数が予想 に反して活動縮小を示したことが響いた。

英メディア企業ピアソンはここ11年余りで最もきつい値下がり。昨 年の事業再編費用が想定を上回ったもようとの同社発表が手掛かり。フ ィンランドのノキアは1年4カ月ぶりの大幅安。ネットワーク機器部門 の利益率が1-3月期に低下するとの見通しが嫌気された。一方、コン ピューターのマウス生産を手掛けるスイスのロジテック・インターナシ ョナルは18%急伸。四半期決算で利益と売上高がアナリスト予想を上回 った。

ストックス欧州600指数は前日1%安の332.69で終了。これは約7 週間ぶりの大幅下落。年初来では1.4%高となっている。

エドモン・ドゥ・ロスチャイルドのトータルリターン戦略責任者、 パオロ・ビチェンティーニ氏(ミラノ在勤)は電話インタビューで、 「中国の減速を恐れている」とし、この日の発表で「数カ月前からの懸 念が強まった。中国経済がこれまで同様のペースで成長し続けない場 合、中国需要に依存しているドイツなど欧州主要国の企業は打撃を受け る」と語った。

英HSBCホールディングスとマークイット・エコノミクスが23日 発表した1月の中国製造業購買担当者指数(PMI)速報値は49.6と、 昨年12月の50.5から低下。ブルームバーグが事前調査の対象としたエコ ノミスト19人全員の予想に届かず、活動拡大・縮小の分かれ目となる50 を下回った。

23日の西欧市場では、ギリシャとアイスランドを除く16カ国で主要 株価指数が下落。英FTSE100指数が0.8%安となったほか、仏 CAC40指数は1%、独DAX指数は0.9%それぞれ下げた。

原題:European Stocks Drop From a Six-Year High on China Manufacturing(抜粋)

◎欧州債:フランス債のドイツ債に対するスプレッド拡大-回復遅れで

23日の欧州債市場では、フランス10年債の同年限のドイツ国債に対 する利回り上乗せ幅(スプレッド)が3日連続で拡大。フランスの景気 回復が域内諸国に後れを取っている兆候で、同国資産の魅力が相対的に 薄れた。

フランス5年債のドイツ5年債に対するスプレッドも広がり、約1 週間で最大となった。仏政府は2016-19年に満期を迎える国債79億ユー ロ相当のほか、インフレ連動債を発行。格付け会社ムーディーズ・イン ベスターズ・サービスはフランスのソブリン格付けについて24日に発表 する。ドイツ10年債利回りは7週間ぶり低水準に達した。英HSBCホ ールディングスとマークイット・エコノミクスがまとめた1月の中国製 造業の指数が予想に反して活動縮小を示したことが背景にある。

BNPパリバ(パリ)のシニア債券ストラテジスト、パトリック・ ジャック氏は「フランスの経済と財政状況が改善しない限り、スプレッ ドが縮小するのは極めて難しいだろう」と話した。

ロンドン時間午後4時37分現在、フランス5年債利回りは前日比1 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.09%。同国債(表 面利率1%、2018年11月償還)価格は0.03上げ99.59。同年限のドイツ 債利回りは3bp下げ0.81%。両国債のスプレッドは28bpと、14日以 降で最大に広がった。

10年物のスプレッドは1bp拡大し70bp。一時は71bpと、終値 ベースで昨年4月3日以来の大きさとなった。

マークイット・エコノミクスがまとめたフランスの1月の景気指数 によれば、同国では製造業活動が2年半にわたって拡大していない。一 方、ドイツの製造業景気指数は約2年半ぶりの高水準に達した。ユーロ 圏の製造業とサービス業を合わせた総合景気指数は53.2と、昨年12月 の52.1から上昇した。

ドイツ10年債利回りは4bp下げ1.71%。先月2日以降の最低とな る1.70%まで低下する場面もあった。

英国債市場では10年債相場が上昇し、利回りは前日比7bp低下 の2.81%となった。同国債(表面利率2.25%、2023年9月償還)価格 は0.59上げ95.28。

原題:France-Germany Yield Spread Widens as French Growth Trails Peers(抜粋) Pound Climbs to 2 1/2 Year-High Versus Dollar on BOE Rate Bets (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE