米財務長官:議会は14年に移民制度、インフラ投資に取り組む

ルー米財務長官は昨年12月の財政合 意で党派を超えた協力が示されたことから、議会が今年、米国の移民制 度を改革し、インフラ投資に取り組むとの確信を強めていると述べた。

ルー長官は23日、スイスのダボスでブルームバーグテレビジョンの インタビューに応じ、「政策の違いがあるが、そうした違いはもっとも なものであり、それを乗り越えていく必要がある」と指摘。「議会は予 算問題で成し遂げたことをモデルにして、インフラ整備や移民制度改革 をやり遂げたいと考えていると私は控えめながらも楽観している」と語 った。

同長官は2014年、15年の財政合意によって米経済の不確実性の一部 が取り除かれ、今年の成長加速の態勢が整ったと指摘。「米経済ははる かに良い状態だ。歳出削減などの財政政策からの逆風に見舞われた昨年 とは対照的に、今年は幅広い分野で根本的な経済成長を伴う追い風が吹 いている」との認識を示した。

原題:Lew Sees Congress Working on Immigration, Infrastructure in 2014(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE