北極気団が米国北部を覆う、NYは週末まで氷点下

記録的な暴風雪に見舞われた米国の 中西部や北東部は極度に気温の低い状態が続いているほか、南部でも寒 さが厳しくなる見通しだ。

米気象庁(NWS)によると、北極気団が米中部および東部の上空 に移動するのに伴い、テキサス州やルイジアナ州の一部でも降雪の可能 性がある。

民間気象予報会社アキュウェザーによれば、ニューヨークやボスト ン、ワシントンでは25日まで気温が氷点下にとどまる見通し。シカゴで は2月1日までカ氏8度(セ氏約マイナス13度)、あるいはそれ以下の 気温が続く見通し。

アキュウェザーの気象予報士、アレックス・ソスノウスキ氏は同社 のウェブサイトで「今回の寒波は北部大平原からニューイングランドに わたる地域で生命を危険にさらし、低体温や凍傷のリスクをもたらすほ ど厳しいものになるだろう」と指摘した。

原題:Arctic Air Blankets Northern U.S. as Texas Set to Receive Snow(抜粋)

--取材協力:Christine Buurma、Naureen S. Malik、Eliot Caroom. Editors: Pratish Narayanan, Alexander Kwiatkowski

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE