米マクドナルド:10-12月期利益は前年並み-米売上高が減少

外食産業で世界最大手の米マクドナ ルドの10-12月(第4四半期)決算は、利益が前年同期比でほぼ変わら ずとなった。景気に対する消費者の不安感や競争激化を背景に、米国の 既存店売上高が減少した。

23日の発表によると、純利益は約14億ドル(約1460億円、1株当た り1.40ドル)。前年同期は14億ドル(同1.38ドル)だった。ブルームバ ーグがまとめたアナリスト27人の予想平均では1株当たり利益1.39ドル が見込まれていた。

米既存店売上高は1.4%減。前四半期は0.7%増だった。コンセンサ ス・メトリックスがまとめたアナリスト23人の予想平均は0.2%減。

原題:McDonald’s Profit Is Little Changed as U.S. Store Sales Decline(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE