米シティ、もはや「誰にとっても全ての」銀行ではない-CEO

米シティグループはもはや、顧客に あらゆる金融サービスを提供する銀行だと見なされるべきではないと、 マイケル・コルバット最高経営責任者(CEO)が述べた。

同CEOは世界経済フォーラム(WEF)年次総会が開かれている スイスのダボスでブルームバーグテレビジョンのインタビューに応じ、 「誰にとっても全てがあるのが当行だとは、もはや期待すべきでない」 と語った。「当行は相当大きな変革を経て、適切な事業ミックスを備え た銀行になっている」と述べた。

コルバットCEOはまた、シティがコスト削減を続けるとも述べ た。同行は昨年に消費者向け事業5分野からの撤退と他の部門の再編を 行ったが、こうした措置から投資家は「恩恵を受けた」とも語った。

原題:Corbat Says Citigroup Can No Longer Be ‘Everything to Everyone’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE