1月のユーロ圏製造業活動、予想以上に拡大-回復の勢い増す

ユーロ圏では1月の製造業活動が予 想以上に拡大した。今年から18カ国構成となった同地域の経済回復は勢 いを増しているようだ。

英マークイット・エコノミクスが23日発表した1月のユーロ圏製造 業景気指数(速報値)は53.9と、前月の52.7から上昇。ブルームバー グ・ニュースがまとめたエコノミスト39人の調査中央値では53が見込ま れていた。サービス業景気指数は51.9で、昨年12月の51.0を上回った。 両指数はいずれも50が活動拡大・縮小の分かれ目となっている。

ABNアムロ銀行(アムステルダム)のマクロ経済調査部門責任 者、ニック・コーニス氏は、域内経済の回復は「継続して段階的に堅調 となるだろうが、遅々としたプロセスであり、全体の成長ペースはそれ ほど素晴らしくない」と語った。

マークイットによると、1月の製造業生産はドイツで2年8カ月ぶ り高水準に達したほか、フランスでは3カ月ぶり高水準となった。

発表によれば、製造業とサービス業を合わせたユーロ圏の総合景気 指数は53.2と、前月の52.1から上昇した。

原題:Euro-Area January Factory Output Expands More Than Forecast (抜粋) Eurozone January Flash PMI: Statistical Summary (Table) (抜粋)

--取材協力:Mark Evans. Editors: Patrick Henry, Jones Hayden

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE