LGディスプレー:10-12月利益、予想下回る-テレビ需要鈍化

米アップルの端末にパネルを供給す る韓国のLGディスプレーの2013年10-12月(第4四半期)決算では、 利益が市場予想を下回った。新型iPhone(アイフォーン)やiP ad(アイパッド)向けのパネルの販売は増加したものの、テレビ向け 需要が鈍化した。

23日の当局への提出書類によると、昨年10-12月期の純利益(少数 株主持ち分を除く)は715億ウォン(約69億円)と、前年同期の3142億 ウォンから減少。ブルームバーグがまとめたアナリスト8人の予想平均 (1599億ウォン)に届かなかった。

大宇証券のアナリスト、ファン・ジュンホ氏(ソウル在勤)は、 「テレビ業界はまだ構造的に回復軌道に乗っていないようだ」と指摘。 「携帯端末向けのパネル販売は年内は堅調に推移するだろうが、テレビ 事業での落ち込みを相殺するには十分ではない」と述べた。

営業利益は2570億ウォン、売上高は7兆800億ウォンだった。

原題:LG Display Profit Misses Estimates After Television Demand Slows(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE