米高級避暑地ハンプトンズ:10~12月住宅販売減少-前年の反動

米ニューヨーク州ロングアイランド の高級避暑地ハンプトンズの2013年10-12月(第4四半期)の住宅販売 件数は、過去最多を記録した前年同期から減少した。前年同期は予想さ れる増税の前に不動産売却を目指す駆け込み需要が起きていた。

不動産鑑定を手掛けるミラー・サミュエルと仲介業ダグラス・エリ マン・リアル・エステートが23日発表したリポートによれば、昨年10 -12月期の住宅販売件数は496戸と、年末での最多を記録した12年の529 戸から減少した。一方、住宅価格の中央値は15%下落の77万500ドル (約8040万円)。100万ドル未満の住宅の販売が増加したためだ。

ミラー・サミュエルのジョナサン・ミラー社長はインタビューで、 「市場が弱含んでいるとは考えていない」と指摘。「財政の崖が引き起 こした歪み」が前年同期の数字を押し上げたと分析した。

ハンプトンズの500万ドル以上の住宅販売は12年末に急増。当時は 議会が財政合意に向けて協議しており、高額所得者はキャピタルゲイン 課税の負担増を予想していた。ミラー氏によると、13年10-12月期に は、100万ドル未満の住宅販売件数が前年同期から9%増加するなど、 小型の不動産に需要が移った。一方、100万ドル以上の住宅販売は24% 減少した。

原題:Hamptons Year-End Home Sales Fall After Record-Setting Tax Race(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE