ソニー・ピクチャーズが人員削減に着手-技術トップも対象

ソニーの映画部門、ソニー・ピクチ ャーズエンタテインメント(SPE)は、平井一夫社長が掲げた2 億5000万ドル(現在の為替レートで約260億円)相当のコスト削減計画 を推進するため、人員削減に着手した。

SPEの広報担当、チャールズ・シプキンズ氏は22日の電子メール で、人員削減の対象には技術部門のトップであるソニー・ピクチャーズ テクノロジーズのクリス・クックソン社長が含まれることを明らかにし た。削減する人員の数の詳細は示さなかった。

今回の合理化は、平井社長が昨年11月に表明した2億5000万ドル相 当のコスト削減計画の第1弾。映画やテレビ、音楽事業を引き続き保有 しつつ利益の拡大を目指す同社は、傘下のコロンビア・ピクチャーズが 製作する映画の本数を減らす一方、テレビ番組制作とメディアネットワ ークに投資の重点をシフトし、さらにコストを削減できる対象の特定を 進めると説明していた。

原題:Sony Studio Eliminates Jobs as Hirai Starts Pledged Cost Cutting(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE