中国の製造業活動、予想外に縮小-1月のHSBCのPMI指数

英HSBCホールディングスとマー クイット・エコノミクスが23日発表した1月の中国製造業の指数は、6 カ月ぶりに同活動の縮小を示した。

1月の中国製造業購買担当者指数(PMI)速報値は49.6。昨年12 月改定値(50.5)から低下しただけでなく、ブルームバーグ・ニュース がまとめた市場関係者19人全員の予想を下回った。同指数は50が製造業 活動の拡大と縮小の境目。

内外需の弱まりが示唆されたことを受け、アジア株とオーストラリ ア・ドルは指数発表後に下げ幅を拡大。春節(旧正月)前の特殊要因で ゆがめられている可能性があるとするバンク・オブ・アメリカ (BOA)のような見方もあるが、金利上昇や高利回り投資商品のデフ ォルト(債務不履行)リスクなどの問題を抱える中国経済にとり、製造 業活動の減速は新たな重荷となる。

HSBCの中国担当チーフエコノミスト、屈宏斌氏(香港在勤)は 発表資料で「政策の焦点は成長下支えに傾くはずだ」と予想。この日の 指標は「既に雇用拡大の重しとなっている製造業セクターの成長の勢い が軟化していることを示唆する」と分析した。

海通国際証券の胡一帆チーフエコノミスト(香港在勤)はブルーム バーグテレビジョンとのインタビューで、同指数は「真に目を引く結果 となった」と指摘。資金調達コストの上昇で困難は一層増していると し、中国国家統計局と中国物流購買連合会が2月1日に発表する1月の 製造業PMIも「低下傾向の継続」を示すだろうと述べた。

この日の統計は2014年の経済活動のパフォーマンスを示す最初の指 標の一つ。今週初めに発表された統計によると、昨年12月の工業生産は 伸びが鈍化。10-12月(第4四半期)の成長率は7.7%と、7-9月 (第3四半期)の7.8%から低下した。

1月のHSBC製造業PMI(改定値)は今月30日に発表される。 統計局と購買連合会の製造業PMIは昨年12月に51.0と、4カ月ぶり低 水準となった。11月は51.4だった。

原題:China Manufacturing Index Signals Surprise Contraction: Economy(抜粋)

--取材協力:Ailing Tan、James Mayger、Rishaad Salamat. Editors: Scott Lanman, Paul Panckhurst

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE