ユニリーバ:ダイエット食品事業の売却を検討-関係者

世界2位の消費財メーカー、英・オ ランダ系のユニリーバは、販売が数年にわたり減少しているダイエット 補助食品ブランド「スリムファースト」事業の売却を検討している。事 情に詳しい関係者1人が非公開情報を理由に匿名を条件に明らかにし た。

同関係者によると、売却の決断がいつ下されるのかは未定。英スカ イニューズは22日、ユニリーバが同事業を10億ポンド(約1700億円)で 売却する可能性があると報じていた。

ケプラー・シュブルーのアナリスト、ジョン・コックス氏は、スリ ムファーストが「構造的に厳しい事業だ」と指摘、スカイの伝えた額は 高過ぎるようだと述べた。同関係者によると、ダイエット補助食品事業 の年間売上高は3億ドル(約310億円)を下回っている。

ユニリーバはスリムファーストを2000年に24億ドルで買収したが、 炭水化物の摂取を制限するサウスビーチ式やアトキンス式ダイエットの 流行で顧客が急減。05年には同事業に絡んで総額8億5000万ユーロの減 損処理を強いられた。世界最大の消費財メーカーであるスイスのネスレ も、昨年11月にダイエット事業の売却合意を発表した。

原題:Unilever Said to Consider Selling Slim-Fast Diet Unit Amid Slump(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE