NY原油先物時間外:下落-中国の製造業PMI、50割り込む

ニューヨーク原油先物相場は23日の 時間外取引で下落。中国の製造業活動を示す指数が予想以上に低下した ことから、燃料需要が鈍化するとの懸念が強まった。

原油先物相場は一時、0.3%下落。英HSBCホールディングスと マークイット・エコノミクスが同日発表した1月の中国製造業購買担当 者指数(PMI)は49.6と、活動拡大・縮小の分かれ目である50を割り 込み、6カ月ぶりの低水準となった。米エネルギー情報局(EIA) が23日発表する先週の原油在庫は、ブルームバーグ・ニュースの調査に よると製油所が稼働を減らすことから増加が予想されている。

野村ホールディングスの石油・ガス調査担当地域責任者、ゴード ン・クワン氏(香港在勤)は「PMIの数字が弱かったので、中国の原 油需要が鈍化するとの読みにつながるだろう。米国の大寒波が過ぎ去っ た後では、価格は大きく下落しそうだ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物3月限は一 時、32セント安の1バレル=96.41ドルを付けた。シドニー時間午後2 時10分(日本時間同0時10分)現在、96.54ドルで推移。前日の通常取 引は1.76ドル高の96.73ドルで引けた。終値としては昨年12月31日以来 の高値。全限月の取引高は100日平均を約29%下回り、年初来では1.9% の下落。

原題:WTI Crude Falls Amid Speculation China’s Fuel Demand Will Slow(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE