韓国:10-12月GDPは前期比0.9%増加-市場の予想通り

韓国の昨年10-12月の経済成長率は アナリストの予想通りとなった。韓国銀行(中央銀行)は政策金利 を2010年以来の低水準に維持している。

韓国中銀が23日発表した10-12月の国内総生産(GDP)速報値は 前期比0.9%増加。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミス ト12人の予想中央値と同じだった。7-9月(第3四半期)は1.1% 増。前年同期比では3.9%増加した。

韓国中銀は今年の成長率が3.8%と、同国が世界的な金融危機から 回復しつつあった10年以来の高水準に達すると予測。その一方で、円安 がもたらすリスクや米国の緩和策縮小を注視している。

中銀は9日、政策金利を2.5%で据え置くと発表。昨年5月の予想 外の利下げ以降、同金利を据え置いている。金仲秀総裁は3月末で退任 する。

東洋証券のソウル在勤エコノミスト、イ・チョルヒ氏は統計発表前 に、「成長の勢いはかなりしっかりしている」と指摘。「韓国は世界経 済の見通し改善による大きな恩恵を受けるだろう。韓国中銀は今年、政 策金利を据え置くことで十分な景気支援を提供できる」と述べた。

原題:South Korea’s Fourth-Quarter Expansion Matches Estimates (1)(抜粋)

--取材協力:Sarina Yoo. Editors: Arran Scott, アンディ・シャープ

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE