1月22日の欧州マーケットサマリー:株が6年ぶり高値を更新

欧州の為替・株式・債券・商品相 場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.3552   1.3561
ドル/円            104.44   104.30
ユーロ/円          141.53   141.43


株              終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600  336.06     +.30      +.1%
英FT100     6,826.33    -7.93     -.1%
独DAX      9,720.11   -10.01     -.1%
仏CAC40    4,324.98    +1.11     +.0%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      .17%        +.01
独国債10年物     1.76%       +.02
英国債10年物     2.89%       +.05


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,241.00    +3.00     +.24%
原油 北海ブレント        108.07     +1.34    +1.26%

◎欧州株:6年ぶり高値更新も、ほぼ変わらず-ASML高くABB安い

22日の欧州株式市場では、指標のストックス欧州600指数が6年ぶ り高値を更新。ASMLホールディングが買われた一方でABBが下 げ、前日比で指数はほぼ変わらずだった。

オランダの半導体製造装置メーカー、ASMLは1年ぶりの大幅 高。2013年配当を引き上げる方針が買い材料となった。フィンランドの 鉄鋼メーカー、ラウタルーキは33%急伸。スウェーデン同業のSSAB が買収案を提示した。一方、電力システムを手掛けるスイスのABB は3.6%値下がり。費用が利益を損ねるとの同社見通しが響いた。

ストックス欧州600指数は前日比0.1%高の336.06で終了。これ は2008年1月以来の高値。年初来上昇率は2.4%。世界銀行と国際通貨 基金(IMF)が世界の成長率見通しをそれぞれ上方修正したことが相 場を支えている。

ライファイゼン・キャピタル・マネジメント(ウィーン)の株式部 門責任者、ヘルベルト・ペルス氏は電話インタビューで、「株式投資家 にとって良い市場だ」と述べ、「これまで発表された決算は総じて好調 だ。悪い業績が発表された際に、その銘柄が本当に大きく下げるのは少 し懸念材料ではあるが、どちらの方向でも強い株価動向から投資家は利 益を得られる」と続けた。

ブルームバーグがまとめたデータによれば、この日の売買高は30日 平均を20%上回った。

22日の西欧市場では、18カ国中10カ国で主要株価指数が下落。英 FTSE100指数と独DAX指数はそれぞれ0.1%下げた。

原題:European Stocks Are Little Changed at Six-Year High; ASML Rises(抜粋)

◎欧州債:スペイン債、ドイツ債とのスプレッド縮小-銀行通じ債券発行

22日の欧州債市場ではスペイン国債のパフォーマンスがドイツ国債 を上回り、スペイン10年債のドイツ10年債に対する利回り上乗せ幅(ス プレッド)は2011年4月以降の最小に近づいた。スペインは銀行団を通 じて過去最大規模の債券を発行した。

スペイン10年債は日中は値上がりしたが、その後は上げを解消。同 国財務省によれば、銀行団を通じた2024年4月償還債の発行規模は100 億ユーロ。396億ユーロ強の応募があった。安全資産を求める動きが後 退し、ドイツ10年債は5営業日ぶりに下げた。

コメルツ銀行の債券戦略責任者、クリストフ・リーガー氏(フラン クフルト在勤)は「スペイン国債の注文は大変大きかった」とし、「現 環境下で利回りを求める需要を裏付けるものだ」と語った。

ロンドン時間午後5時現在、スペイン10年債利回りは前日からほぼ 変わらずの3.74%。一時は6ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)低下した。同国債(表面利率4.4%、2023年10月償還)価格 は105.33。ドイツ10年債に対するスプレッドは2bp縮小し198bp。 9日には175bpと、11年4月13日以降の最小となった。

ドイツ10年債利回りは2bp上昇の1.76%。前日までの4営業日で 9bp下げていた。

英国債相場は下落し、10年債利回りは前日比5bp上昇の2.88%。 これは先月27日以来の大幅上昇。同国債(表面利率2.25%、2023年9月 償還)価格は0.39下げ94.72となった。

英政府統計局(ONS)がこの日発表した国際労働機関(ILO) 基準の昨年9-11月の失業率は7.1%と、予想以上に改善し、イングラ ンド銀行(英中央銀行)がフォワードガイダンス(時間軸政策)で利上 げ検討の目安とする7%に近付いた。

原題:Spanish Bonds Outperform After Debt Sale; German Bunds Decline(抜粋) Pound Climbs to 1-Year High Versus Euro on Job Data; Gilts Slide (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE