ウクライナ国債下落、株価も下げる-キエフのデモで初の死者

22日のウクライナ金融市場では、6 月に償還を迎える国債が約1カ月ぶりの大幅安となったほか、株価指数 も下げた。首都キエフで政府への抗議行動が続く中、警察との衝突でデ モ参加者に死者が出る事態となっており、これが影響した。

ブルームバーグがまとめたデータによれば、2014年償還債の利回り はキエフ時間午後1時28分現在、266ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)上昇して9.40%。先月2日以来の大幅上昇となっている。ウ クライナ株価指数は3.6%下げ、昨年11月5日以来の安値。

ロシアは先月17日、ウクライナの破綻回避に向け150億ドルを投資 すると約束。同国の国債利回りはこれ以降、前日までに845bp低下し ていた。内務省のウェブサイトによれば、警察当局はデモ隊が設置した 救急所で発見された遺体の検視を進めている。デモ抑え込みを狙った法 案が先週可決し、これに反発する勢力が大規模デモを計画していた。

2023年償還債の利回りは45bp上昇し9.06%。これに対し、中銀管 理下にある通貨フリブナはドルに対し11営業日ぶりに上昇し、前日 比0.3%高の1ドル=8.3800フリブナで取引されている。

原題:Ukraine Bonds Slump as Stocks Retreat After Deadly Kiev Clashes(抜粋)

--取材協力:Zahra Hankir. Editors: Daliah Merzaban, Wojciech Moskwa

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE