インド株(終了):最高値を更新、景気見通しで業績期待が高まる

22日のインド株式相場は上昇。指標 のS&Pセンセックス指数は3営業日続伸し、過去最高値を更新した。 鉄鋼株やソフトウエア輸出銘柄の上げが目立った。世界経済の改善で企 業利益の見通しが明るくなった

インド最大の鉄鋼メーカー、タタ・スチールは続伸し、その上げ幅 は昨年11月以降で最大となった。アルミメーカーのヒンダルコ・インダ ストリーズは3営業日続伸。国内3位のソフトウエアメーカー、ウィプ ロは1%を上回る上昇率となった。時価総額で国内最大の製薬会社、サ ン・ファーマシューティカル・インダストリーズは構成銘柄の中で最大 の値上がりを記録。同社は売上高の60%を国外から得ている。

ムンバイ市場でセンセックス指数は前日比86.55ポイント(0.4%) 高の213337.67で終了した。

国際通貨基金(IMF)は21日公表した最新の世界経済見通し (WEO)で、今年の世界成長率予想を3.7%に上方修正した。昨年10 月時点では3.6%を見込んでいた。

原題:India Stocks Climb to Record on Global Growth Outlook; Sun Leads(抜粋)

--取材協力:Manish Modi. Editors: Ravil Shirodkar, Matthew Oakley

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE