米AT&T:サンフランシスコの複合施設を売却-資産処分で

米最大の電話会社AT&Tは、サン フランシスコのベイエリアにある複合オフィスを、米不動産会社サンセ ット・デベロップメントと米生命保険首位メットライフに2億5000万ド ル(約260億円)強で売却した。

サンセットの幹部、エドワード・ハゴピアン氏が明らかにしたとこ ろでは、AT&Tは対象となる180万平方フィート(約16万7000平方メ ートル)の約半分をリースバック契約を通じ借り受ける。

AT&Tは昨年、電波塔など非中核資産の一部を売却する方針を示 していた。同社広報担当のフレッチャー・クック氏によると、リースバ ックに加え、敷地内にある通信設備の保有は続ける。

--取材協力:Zachary Tracer. Editors: Daniel Taub, Kara Wetzel

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE