タイ中銀:政策金利据え置き、大方の予想外-非常事態宣言後

タイ中央銀行は22日、大方の予想に 反して政策金利を据え置いた。反政府デモに伴う暴力悪化でインラック 首相は21日にバンコクの非常事態を宣言し、景気への悪影響が懸念され ている。

中銀は1日物レポ金利を2.25%に据え置いた。発表によると、金融 政策委員会は4対3で据え置きを決めた。ブルームバーグ・ニュースが まとめたエコノミスト調査では21人中7人が据え置きを予想、残り は0.25ポイントの利下げを見込んでいた。

2月2日に予定されている総選挙を控え、非常事態宣言は今月22日 から60日間有効となる。キティラット財務相は先週、混乱が経済と通貨 に打撃を与えていると指摘している。TMB銀行のエコノミスト、ベン ジャロング・スワンキリ氏は中銀の決定前に「2月2日がタイにとって の重要な転換点だ。中銀はそれまで様子見を望むのではないか」と述べ ていた。

原題:Thailand Unexpectedly Holds Key Rate After Emergency Declared(抜粋)

--取材協力:Michael Munoz. Editors: Rina Chandran, Malcolm Scott

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE