バフェット氏の右腕29歳クール氏、目の届かない出資先を監督

米資産家ウォーレン・バフェット氏 が2009年に商業用不動産ローン会社に出資した際、この投資を管理する ために雇ったのが当時25歳でビジネススクールを卒業したてのトレーシ ー・ブリット・クール氏だ。

バフェット氏率いる米投資・保険会社バークシャー・ハサウェイは バーカディア・コマーシャル・モーゲージの株式の半分に2億1700万ド ル(約230億円)を投じたが、同社はその後その出資分の大半に相当す る額を稼ぎ出した。このことは現在29歳になったクール氏のキャリアに もプラスとなっている。

クール氏は今やバフェット氏が最も信頼するアドバイザーの1人 だ。バフェット氏が直接関与するには小さ過ぎる多数の出資先をサポー トするため、全米を飛び回っている。バフェット氏がパーティー用品販 売のオリエンタル・トレーディングの買収に同意した理由の1つもクー ル氏に寄せる信頼だ。同氏は12年、オリエンタルなど出社先4社の会長 に指名された。4社合わせた売上高は40億ドルを突破し、雇用者数は1 万人を超える。

バークシャーの会長兼最高経営責任者(CEO)を務めるバフェッ ト氏(83)は電話インタビューで、「私自身が行ったことのない出資先 もあるが、投資は長年に及んでいる」と説明。クール氏については「忙 し過ぎ怠惰過ぎる私が恐らくしなければならないことをしてくれてい る」と話す。「彼女は私が考えるのと同じように考える」のだそうだ。 クール氏はこの記事のためのインタビューには応じなかった。

クール氏は過去2年間に同氏が管理している出資先企業のCEO3 人を解雇した。幹部のリストラを含む業績改善に向けた取り組みを主導 したほか、出資先の社員らの医療保険をめぐる調整なども担当したとい う。

原題:Buffett Leans on 29-Year-Old Cool to Oversee Problem Children(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE