蘭ASML:1-3月の売上高予想、市場見通しを下回る

欧州最大の半導体製造装置メーカ ー、オランダのASMLホールディングの2014年1-3月(第1四半 期)の売上高予想は市場見通しを下回った。次世代のEUV(極端紫外 線)露光システムの受注によって収益性が損なわれるとの見方を示し た。

22日の発表によると、1-3月の売上高予想は約14億ユーロ (約1980億円)。ブルームバーグがアナリスト12人を対象に実施した調 査では、市場見通しの平均は17億1000万ユーロだった。ASMLは粗利 益率を約42%と予想。市場見通し(中央値)は42.5%だった。

ASMLによると1-3月の粗利益率予想はEUVシステム1台の 受注に伴う悪影響を反映しており、それがなければ1.9ポイント高くな るという。

13年10-12月(第4四半期)の純利益は4億8110万ユーロと、前年 同期の2億9770万ユーロから増加。市場予想は4億1600万ユーロだっ た。売上高は81%増の18億5000万ユーロ。光源メーカーのサイマーの買 収が寄与した。

原題:ASML Forecast Misses Estimates as EUV Orders Hamper Sales (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE