スペインの銀行株の上昇、持続不可能にも-BOAと野村HD

スペインの銀行株の上昇は、各行の 利益見通しが改善しない限り持続不可能となる恐れがあると、バンク・ オブ・アメリカ(BOA)と野村ホールディングスが指摘した。

カイシャバンクの株価は年初来で14%上げ、指標であるストックス 欧州600銀行指数の2倍余りの上昇率となっている。ただ、ブルームバ ーグのデータによると、2014年利益のアナリスト予想は12億ユーロ (約1700億円)と、1年前の18億ユーロから引き下げられた。一方、ポ プラール・エスパニョール銀行の株価は20%上げているが、14年利益見 通しは5億9320万ユーロと、従来の約8億ユーロから低下している。

スペイン経済が5年にわたる低迷から脱却し、国債相場の上昇が借 り入れコストを押し下げる中、銀行株は値上がりしている。ただ、融資 需要の低迷やデフォルト(債務不履行)率の上昇のため、銀行が利益を 増やすのは困難となっている。

野村のマドリード在勤のアナリスト、ダラ・クイン氏は電話取材に 対し、「スペインの国内銀行のリターンは比較的低調にとどまる見通し だ」と指摘。「13年からは若干改善が見られるだろうが、現在のバリュ エーション(株価評価)の水準を正当化するには十分ではないだろう」 と述べた。

原題:Spanish Banks’ Rally May Be Unsustainable, BofA, Nomura Say(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE