香港株(終了):上昇、原材料銘柄に買い-カジノ株は下落

香港株式相場は上昇。原材料株を中 心に買われた。国際通貨基金(IMF)が今年の世界経済成長予想を上 方修正し、中国本土市場では上海総合指数が上げた。

鉄鋼メーカーの鞍鋼軋鋼(347 HK)は5.2%高。昨年は黒字に転換 したもようだと発表したことが好感された。不動産会社の中国海外発展 (688 HK)は2.6%高。中国政府が固定資産課税の法案を成立させるに は最低でも2年かかる可能性があると中国証券報が報じた。

一方、ギャラクシー・エンターテインメント・グループ(銀河娯楽 集団、27 HK)は5.5%安。マカオでカジノ施設を運営する各社の決算発 表を前に、投資家はこうした銘柄の保有を減らすべきだとJPモルガ ン・チェースが指摘した。

ハンセン指数は前日比49.13ポイント(0.2%)高の23082.25で取引 を終了。一時は0.5%安となった。ハンセン中国企業株(H株)指数 は1.1%高の10326.73。

敦沛証券のバイスプレジデント、ジャクソン・ウォン氏は「中国市 場で人民元建てA株の反発が続いていることが、香港市場の地合いを大 きく支えている」と述べた。

原題:Most Hong Kong Stocks Advance as Raw-Material Shares Lead Gains (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE