フェラーリ1958年製オープンカー、米競売で高値-根強い人気

1958年製のフェラーリのオープンカ ー2台が、米アリゾナ州で開かれたクラシックカーオークションで、出 品された自動車のうち最高値を付けた。米国を拠点とするクラシックカ ー価格のデータベース、ハガーティによると、このオークションの売上 総額は2億4860万ドル(約260億円)と、昨年の同様のイベントと比較 して11%増加した。

RMオークションズが17日開催したオークションでは、復元された 「フェラーリ250GTカリフォルニアLWBスパイダー」が880万ドルで 落札された。グッディングが17-18日に開催したオークションで別 の1958年製のオープンカーが620万ドルで売却された。一連のオークシ ョンは6社が開催。米国のクラシックカーオークションとしては8月に カリフォルニア州ペブルビーチで開かれるイベントに次いで重視されて いる。

クラシックカーは昨年、最も収益性の高い代替投資先の一つだっ た。英調査会社ヒストリック・オートモービル・グループ・インターナ ショナル(HAGI)が今月発表したリポートによると、歴史的価値が 並外れて高い自動車はディーラーやオークションでの市場価格が47%上 昇。同社の指数によれば、希少性の高いフェラーリの価格は昨年、62% 高騰した。

HAGIの創業者、ディートリヒ・ハトラパ氏は電話インタビュー で「一部の予想価格は若干楽観的だったが、需要は引き続き高く旺盛 だ。市場は2013年に大きく躍進した」と指摘する。

1950年代と60年代に製造された走行可能なフェラーリのレーシング カーは過去10年間、富裕層のコレクターの間で一段と人気が高まってい る。

原題:Two 1958 Ferraris Lead Auctions Up 11% as Bidders Prize Rarities(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE