スウェーデン当局、ビットコインを通貨と認めず-美術品と同じ

スウェーデンはビットコインなどの 仮想通貨を正式な通貨として認めず、アンティークのペルシャじゅうた んやアンディ・ウォーホルの絵画と同じ税制上の扱いとする方針だ。

スウェーデン国税当局でビットコインやそのプログラマーに関する 規則案を担当するオロフ・バリン氏は取材に対し「通貨は以前から中央 銀行や地理的な領域と結びつけられている」と指摘。その上で、国税当 局が「ビットコインを美術品や骨董品といった、いわゆるその他の資産 とみなす」ことになるだろうとした。

スウェーデンはビットコインを用いた取引について、キャピタルゲ イン(資産譲渡益)課税の対象と解釈する方向に傾いている。ビットコ インは骨董品や宝飾品、切手、著作権と同じ資産クラスに分類されるこ とになりそうだ。

原題:Bitcoin Becomes Art as Swedish Taxman Rejects Creative Currency(抜粋)

--取材協力:Niklas Magnusson. Editors: Jonas Bergman, Tasneem Brogger

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE