加ブラックベリー株が上昇、政府契約の強み好感-米軍が採用

21日の米株式市場で、カナダのスマ ートフォン(多機能携帯電話)メーカー、ブラックベリーが大幅上昇と なった。米国防総省が新たに導入するシステムの対応端末の大半はブラ ックベリーの機種が占めることが明らかとなり、長期にわたって政府に 製品を提供している同社に競合他社が取って代わることの難しさが示さ れた。

米国防総省の国防情報システム局(DISA)は先週公表した資料 で、約8万台のブラックベリー端末のほか、米アップルの基本ソフト (OS)「iOS」とグーグルの「アンドロイド」を搭載したスマホと タブレットの計1800台を同省の管理システムに接続すると発表した。

ブラックベリー株は前週末比9.4%高の9.93ドルで終了。20日の米 市場はキング牧師生誕記念日の祝日で休場だった。同銘柄は昨年33%下 落したが、今年に入って37%値上がりしている。

この数年、アップルとグーグルの「アンドロイド」に市場シェアを 奪われているブラックベリーは米政府のような顧客が寄せる信頼感に期 待している。

昨年11月に就任したジョン・チェン最高経営責任者(CEO)は中 核事業と政府関連の利用者に再び軸足を戻す計画で、将来的にブラック ベリー製の携帯電話のほとんどに同社製品の代名詞であるキーボードを 搭載するとしている。

原題:BlackBerry Surges as It Protects Turf in U.S. Defense Agency (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE