14年の世界の原油需要、IEAが上方修正-先進国の伸び反映

国際エネルギー機関(IEA)は今 年の世界の原油需要が従来予想以上に増加するとの見通しを明らかにし た。生産の伸びについては、米国の原油輸出禁止により妨げられる可能 性があるとしている。

IEAは21日公表の月報で、2014年の世界の原油消費が日量130万 バレル(1.4%)増加し、過去最高の同9250万バレルになるとの予想を 示した。13年に先進国の需要が通年ベースで10年以降初めて増加したこ とを受けて、増加幅の見通しを昨年12月時点に比べて9万バレル引き上 げた。

急増する米国内の生産は、同国による原油輸出の原則禁止で「壁」 に突き当たり、一段の伸びが抑制される可能性があるとの見方を示し た。

原題:IEA Sees Higher Oil Demand on Recovery in Developed Nations (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE