LMEニッケル:11週間ぶり高値-ゴールドマンが予想引き上げ

21日のロンドン金属取引所 (LME)では、ニッケル相場が11週間ぶり高値に上昇。世界有数のニ ッケル鉱石生産国であるインドネシアの鉱石輸出規制により供給懸念が 高まる中、ゴールドマン・サックス・グループが相場予想を引き上げた ことが影響した。

ゴールドマンはニッケル相場の12カ月見通しを6.7%引き上げて1 トン=1万6000ドルとし、ニッケルは2014年に強気相場が見込まれる上 位3金属のうちの1つだと指摘した。クリスチャン・レロング氏らゴー ルドマンのアナリストは21日のリポートで、世界の生産余剰が今年 は9000トンと、昨年の14万2000トンから縮小し、来年は5万1000トンの 供給不足に陥るとの見通しを示した。インドネシアの鉱石輸出規制は今 月12日に始まった。

ゴールドマンは「ニッケル市場の見通しはかつてないほどインドネ シアの動向に左右される」と指摘。「インドネシアが最近実施した鉱石 輸出規制の結果、ニッケル供給の限界費用が大幅に上昇すると予想して おり、ニッケル鉱石は14年後半と15年に不足する可能性がある」と分析 した。

LMEのニッケル相場(3カ月物)終値は前日比1.2%高の1トン =1万4725ドル。一時は1万4755ドルと、昨年10月30日以来の高値を付 けた。

LMEの銅相場(3カ月物)は0.3%高の1トン=7339ドル。ニュ ーヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門銅先物の3月限終 値は0.2%高の1ポンド=3.351ドル。

原題:Nickel Rises to 11-Week High as Goldman Boosts Price Forecast(抜粋)

--取材協力:Alfred Cang、Maria Kolesnikova. Editors: Patrick McKiernan, Millie Munshi

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE