米北東部で大雪、NYで30センチ積雪も-連邦政府機関は閉鎖

米北東部では21日、大雪の予報が出 ている。首都ワシントンでは15センチを超える積雪が予想され、連邦政 府機関が閉鎖となった。またニュージャージー州ではクリスティー知事 が2期目の就任を祝うパーティの中止を余儀なくされた。

米気象庁(NWS)によると、ノースカロライナ州の山沿いからマ サチューセッツ州沿岸にかけて大雪警報が発令されており、ニューヨー クで20-30センチ、ロングアイランドではそれ以上の積雪が見込まれて いる。

気象情報を提供するホームタウン・フォーキャスト・サービシズ (ニューハンプシャー州ナシュア)の創業者ロブ・キャロラン氏は、 「大雪警報が出ている地域は全て15センチ以上の積雪となりそうだ」と し、「ニューヨークやニューイングランド地域では朝の通勤時はまだ大 丈夫だが、帰宅の足に影響が出るだろう」と述べた。

航空情報サービスのフライトアウェアによれば、米東部時間午前8 時半(日本時間午後10時半)現在、米国全体で2054便が欠航となってい る。

米人事管理局はウェブサイトで、ワシントンの政府機関閉鎖を発 表。またこの日就任の宣誓を行い2期目をスタートさせるニュージャー ジー州のクリスティー知事は、今夜に予定していたエリス島でのパーテ ィを中止した。

北東部の雪は夜まで続く見込み。また中部では気温が大きく低下し そうだ。米気象予報センターによれば、中西部の北部では風が強く体感 温度がセ氏マイナス40度となる可能性がある。このほかミシシッピ川流 域から北東部、中部大西洋地域にかけても気温は平年を大きく下回る見 込み。

原題:U.S. East Snowstorm Shuts Washington Offices as Travel Imperiled(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE