米J&J:10-12月は市場予想上回る利益、新薬の需要が好調

ヘルスケア製品最大手、米ジョンソ ン・エンド・ジョンソン(J&J)の10-12月(第4四半期)決算は、 利益がアナリスト予想を上回った。新薬が好調だった。

21日の発表によると、純利益は前年同期比37%増の35億2000万ドル (約3680億円、1株当たり1.23ドル)。前年同期は25億7000万ドル (同91セント)だった。一時項目を除いたべースの1株当たり利益 は1.20ドルと、ブルームバーグがまとめたアナリスト16人の予想平均を 4セント上回った。

同社が示した2014年の通期利益見通しは1株当たり5.75-5.85ド ル。ブルームバーグがまとめたアナリスト18人の予想平均(5.86ドル) を下回った。

10-12月期の売上高は前年同期比4.5%増の184億ドル。前年同期 は176億ドルだった。

原題:Johnson & Johnson’s Fourth-Quarter Profit Rises on Drug Demand(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE