トルコ・リラが過去最安値-インフレリスク認識しつつ金利維持

21日のトルコ金融市場では、通貨リ ラがドルに対し過去最安値を更新した。トルコ中央銀行はこの日、イン フレ率が目標を「大きく」上回る水準にとどまるとの見通しを示しつつ も、政策金利据え置きを決めた。

リラの対ドル相場は一時、前日比1.3%下げ1ドル=2.2691リラと なった。イスタンブール時間午後5時36分現在は0.5%安での取引。リ ラは7営業日続落で、昨年11月以降で最長の下げとなった。

ブルームバーグが事前調査の対象とした金融機関14社中、モルガ ン・スタンレーやゴールドマン・サックス・グループなど4社はトルコ 中銀が政策金利である翌日物貸出金利を0.5ポイント引き上げ7.75%に すると予想していた。中銀は同金利のほか、1週間物レポ金利と翌日物 借入金利もそれぞれ維持。その一方で、インフレ率が当面の間、5%を 上回る水準にとどまるとの認識を示した。

スタンダード・バンクのエコノミスト、ティム・アシュ氏はリラに 下押し圧力がかかる理由として、「中銀がインフレの脅威を認識しつつ も、それについての対応にあまり前向きでない」状況を挙げた。

トルコ・リラの年初来の下落率は4.6%と、ブルームバーグが集計 対象とする欧州およびアフリカの新興国通貨の中で最もきつい値下が り。トルコ2年債利回りは3ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)上昇の10.19%となった。

原題:Turkish Lira Drops to Record as Central Bank Keeps Rates on Hold(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE