中国人民元:上昇-人民銀が中心レート引き上げ、資金供給も

中国人民元は21日、対ドルで上昇し た。中国人民銀行(中央銀行)は中心レートを引き上げ、金融システム への資金供給を行った。

人民銀は中心レートを1ドル=6.1066元と、0.03%元高方向に設 定。また、31日に始まる春節(旧正月)の連休を控えた資金不足の緩和 を狙い、2550億元(約4兆4000億円)余りを供給した。短期金融市場で はこれを受け、前日に急上昇していた指標の7日物レポ金利が低下し た。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、元は上海市場 で、0.04%高の6.0505元となった。

ブルームバーグの集計データによれば、香港のオフショア市場で元 は香港時間午後4時54分(日本時間同5時54分)現在、0.09%安 の6.0272元。1年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は0.08% 安の6.1017元。

原題:China’s Yuan Advances as PBOC Raises Fixing, Eases Cash Shortage(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE