韓国の現代自、無線サービス提供で米ベライゾンと合意

韓国最大の自動車メーカー、ヒュン ダイモーターカンパニー(現代自動車)は21日、米国での自社の乗用車 やトラック向けの無線サービス提供で、米ベライゾン・コミュニケーシ ョンズと合意したと発表する。ドライバーにとって不可欠の高速インタ ーネット接続機能を搭載した「つながる車」の重要性が示されそうだ。

ベライゾン・エンタープライズ・ソリューションズのバイスプレジ デント、マーク・バートロメオ氏はインタビューで、同社のサービスが 今年、5月に発売される高級セダン「ジェネシス」を皮切りに、現代自 の2015年モデルに登場すると述べた。当初使用されるのは第3世代(3 G)サービスだが、段階的に第4世代(4G)技術が導入されるとい う。また、ベライゾンのサービスは現代自傘下の起亜自動車の車にも利 用される。

現代自の広報担当、マイルズ・ジョンソン氏は取材に応じ、「他社 のサービスでは通話が途切れるなどの問題があるのに対し、通話エリア と品質を理由にベライゾンを選んだ」と説明した。

原題:Hyundai Connects With Verizon to Bring Wireless to Its U.S. Cars(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE