ウクライナ:反政府デモ隊と警察が連夜の衝突-200人余が負傷

ウクライナの首都キエフで反政府デ モを繰り広げている活動家らは、前夜に続き20日夜も警察と衝突した。

デモ参加者が投石を繰り返したり、他の投射物を使って警官隊を攻 撃したりしたのに対して、警察はゴム弾や催涙弾で応戦した。19日の衝 突では、暴徒化した参加者が警察車両に火を付けるなどして200人余り が負傷した。デモ隊は欧州連合(EU)との協定締結に後ろ向きなヤヌ コビッチ大統領への抗議を2カ月ほど前から続けている。同国議会は先 週、デモ抑え込みを狙った法案を可決したが、デモ隊はそれに反発し、 EUや米国も非難する事態となっている。

西側諸国は、ヤヌコビッチ大統領が来年3月の大統領選での再選を 目指しているため混乱が長期化する可能性があるとみており、情勢悪化 の責任はウクライナ政府にあると批判している。

原題:Ukrainian Clashes Intensify After Night of Violence in Kiev (2)(抜粋)

--取材協力:James G. Neuger、Stepan Kravchenko. Editors: Andrew Langley, Balazs Penz

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE