NZ:10-12月CPI、前年比で伸び加速-利上げの公算強まる

ニュージーランド(NZ)の2013 年10-12月(第4四半期)の消費者物価指数(CPI)は前年同期比で 伸びが加速し、NZ準備銀行(中央銀行)が今年利上げを開始する可能 性が示された。

NZ統計局が21日発表した10-12月のCPIは前年同期比1.6%上 昇と、前年比で12年初め以来の高水準。前期比0.1%上昇だった。ブル ームバーグがまとめたエコノミストの予想中央値では前年比1.5%上 昇、前期比0.1%低下がそれぞれ見込まれていた。

インフレ加速や企業信頼感の高まり、住宅価格の大幅上昇など、 NZ中銀が3月末までに政策金利を過去最低の2.5%から引き上げる兆 しが増えている。

ウエストパック銀行のシニアエコノミスト、マイケル・ゴードン氏 は統計発表前に、「国内のインフレ圧力が徐々に再び増大しているが、 NZ中銀には慎重なペースで対応する時間があるだろう」と語った。

原題:N.Z. Annual Inflation Accelerates, Boosting Case for Rate Rises(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE