アルゼンチン、パリクラブに100億ドルの債務で再編案提示

13年前に950億ドル(現在のレート で約9兆9000億円)の国債がデフォルト(債務不履行)に陥ったアルゼ ンチンは、パリクラブ(主要債権国会議)に対する約100億ドルの債務 問題を解決するための提案を行った。パリクラブの報道担当者が明らか にした。

報道担当のクロティルド・ランジュバン氏によると、パリクラブの メンバーはアルゼンチンのキシロフ経済財務相が20日にパリクラブのラ モン・フェルナンデス議長に渡した提案を22日に協議する。同議長は他 のパリクラブメンバーにアルゼンチンの提案を説明するが、パリクラブ 側がすぐに対応を示すことはないという。

ランジュバン氏は電話インタビューで、「アルゼンチン当局はパリ クラブに対する返済提案の土台となり得る主要原則を提示した」と述 べ、同議長とキシロフ経済財務相の「会談は1、2時間の短いものだっ た。交渉プロセスの一環ではない」と説明した。

アルゼンチン紙アンビト・フィナンシエロが20日、匿名の当局者か らの情報を引用して報じたところによると、提案はアルゼンチンが60億 ドル強を支払い、約40億ドルの金利と違約金は免除される内容という。 ランジュバン氏は再編提案の条件にはコメントを控えた。

事情に詳しい関係者によると、19カ国で構成されるパリクラブは全 額返済を期待しており、債務の減免は容認しない考え。アルゼンチンと パリクラブのいずれも、提案の詳細について明らかにしていない。

原題:Argentina Submits Offer to Paris Club for $10 Billion Debt (2)(抜粋)

--取材協力:Charlie Devereux. Editors: Robin Saponar, Richard Jarvie

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE