上海の医療関係者が鳥インフルで死亡-人から人への感染懸念

中国・上海市の病院に勤務していた 医療関係者1人がH7N9型鳥インフルエンザで死亡した。 同型ウイ ルスの人から人への感染への懸念が強まった。

上海市衛生当局のウェブサイトに20日掲載された資料によれば、こ の医療関係者は31歳の男性で18日に死亡した。同市では今年既に7人の 同型インフルエンザの感染が確認されている。

中国で最初に同型インフルエンザの人への感染が報告されたのは昨 年3月だったが、4月に感染者数が急増。当局は農産品市場での生きた 家禽(かきん)類の取引を一時停止した。世界保健機関(WHO)はこ れまでに199人の感染と52人の死亡を報告している。

WHOのグレゴリー・ハートル報道官は「医療関係者が死亡すると こうした懸念が常に起こる」と述べた上で、「病院など医療施設は人か ら人への感染が発生し得る場所だ。われわれはこのケースについて可能 な限り詳しく追跡調査するつもりだ」と語った。

香港大学公共衛生学院のベン・カウリング准教授(伝染病学)は 「警戒レベルを引き上げるにはさらなる証拠が必要だ」と指摘。「H7 N9型インフル感染者の治療に携わる医療関係者には感染の潜在的リス クが常にあることをわれわれは承知している」と付け加えた。

国連食糧農業機関(FAO)は21日の発表資料で、今月31日から始 まる春節(旧正月)期間中、鳥インフルエンザの感染が増加する恐れが あると警告。連休中は多くの人が移動するほか、春節を祝う料理のため 生きている家禽が家庭で処理されると説明した。

原題:Bird Flu Kills Health Worker, Stokes Concern of Human Spread (1)(抜粋)

--取材協力:Simeon Bennett. Editors: Marthe Fourcade, Tom Lavell

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE