英中銀マイルズ氏:緩和縮小の市場への影響は限定的な公算大

イングランド銀行(英中央銀行)金 融政策委員会(MPC)のデービッド・マイルズ委員は、金融危機時に 導入された量的緩和が解消に向け縮小されても、経済と資産価格に与え る影響は限定的にとどまる公算との見解を示した。

マイルズ委員は同中銀エコノミストのヨヘン・シャンツ氏と共同執 筆した討議資料を20日に発表。この中で「こうした資産購入の縮小は、 金融市場が一段と正常に機能する局面で行われる公算が大きい」とし、 「大規模に実施された資産購入の解消が市場環境がより正常な状況下で 起これば、資産価格と実体経済への影響は比較的小さいだろう」と分析 した。

英中銀は借り入れコスト引き下げと市場の緊張緩和を目的に、2009 年3月に政策金利を過去最低の0.5%に引き下げ、国債購入を開始。そ の規模は3750億ポンド(約64兆1700億円)に達した。

原題:BOE’s Miles Says Unwinding of QE May Have Limited Market Impact(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE