ロンドンの金融業界、今年は採用控えめか-規制や関連費用で

ロンドンの金融サービス業界は今 年、規制関連のコストや法規違反に絡む制裁金が重しになり採用を控え る可能性がある。人材あっせん会社モーガンマッキンリーが指摘した。

同社が20日発表した調査結果によると、ロンドンの金融街シティー などでの昨年12月の求人数は4095人と、前月の7056人から42%減少し た。

モーガンマッキンリーの金融サービス部門業務ディレクターを務め るハカン・エンバー氏は発表資料で、「さまざまな取引での不正や顧客 を欺いた問題で高額の制裁金支払いが続くようならば」、雇用をめぐる 楽観論は「短命に終わるかもしれない。制裁金は利益率を侵食し、最終 的に採用への悪影響となるだろう」とコメントした。

原題:London Job Vacancies Squeezed by Legal Costs, Recruiter Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE